最新投稿

  • 人により生涯のパートナーとの結婚理由が異なること

    私は最初同じ価値観を持った男性と結婚し、生涯を共にしたいと思っていましたが、20歳の年齢を過ぎ一人暮らしをするようになり、相手に求める理由が異なるようになりました。
    相手と価値観が違えば一緒に生活することはすごく大変に感じますが、生涯共働きで私自身も働き続けることを考えると、生涯のパートナーにも一通りの炊事や家事ができて欲しいと思いました。
    最初から炊事洗濯を完璧にすることはすごく困難なことなので、生涯のパートナーとなる人と結婚したいという強い気持ちが芽生えれば、少しずつ共に生活するまでの間に炊事洗濯ができるように率先して練習することが大切です。
    2人で生活していると炊事洗濯が得意とする人に負担がかかったり、必然と女性が炊事洗濯の役割を担わなければいけない可能性があるため、共に働き収入を得ている間は炊事洗濯を平等に行うことが共働き夫婦として生活し続けるために何より重要で大切なことだと心の底から思います。

    音楽 専門学校入学説明会開催中!

    TOEIC英語研修を企業様向けに開講しております

    婚活アドバイザー在籍の結婚相談所一緒に相手をお探しいたします

  • 結婚式のスタイルは様変わりしています

    一昔前と比べて結婚式のスタイルが様変わりしています。
    出来ちゃった結婚が授かり婚と呼ばれ認知定 …

  • 未来を見据えた政策と若者の未来に関して

    若者の未婚率が上昇していますが、要因は未来に希望が持てなくなっているからではないでしょうか。

  • 結婚式式場を探す際にはこちらを利用

    結婚式は、一生涯の中でも最も大きなイベントの一つですので、良い思い出にするために多くのカップルが早い …

  • 結婚することにより仕事を退職したこと

    私は主人と結婚したことによって、長年の間働き続けた事務職の仕事を退職しなければいけなくなりました。< …